血糖値を下げるための糖質制限実践方法

血糖値を下げるために行った糖質制限、食事療法の体験談です。血糖コントロールをするための実践方法、糖質制限での食事と運動で気をつけるポイントとは
MENU

血糖値対策におすすめのサプリ「ルックルックイヌリンプラス」

血糖値を下げる食事改善方法│糖尿病予防に糖質制限で血糖コントロール

血糖値について調べてみた

血糖値のコントロールは、将来糖尿病などの成人病で苦しまないためにも30代くらいからは気をつけたいものです。特に、家系に糖尿病になった方がいる場合は要注意!普段から血糖値を下げる生活習慣を身に着けていけると良いですね。

最近では糖質制限ダイエットなどでも「糖質」は注目されていますが、血糖値は糖質に左右され、はっきり身体に影響のある数値だということです。

特に成人病の中でも患者の多い糖尿病にならないために、血糖についてよく知り、そのしくみを理解していくことでいつまでも健康な生活を送りたいものですね。血糖値を下げる方法について、食事療法やサプリメントなど色々実践してみましたのでどうぞ参考にしてください。

血糖値を下げるために出来ること

血糖値が上がる理由をきちんと知って対処する

血糖値が上がるのは体内に糖分が入り消化吸収され血液で運ばれるときです。口から摂取する糖分の中でも、ブドウ糖>果糖>精製した白砂糖>三温糖、きび砂糖など精製してない砂糖>炭水化物の順で、吸収されやすくなります。

急激な血糖値の上昇を防ぐには、この糖分が体内に吸収する前に他の植物成分を消化させ、糖分の吸収を物理的にあとまわし、ゆっくり消化吸収させるのが一番です。

食物繊維を先に摂ると、消化吸収に時間がかかるので体内をガードしあとから来た糖分の吸収を穏やかにします。

食事の前に難消化性デキストリン(植物の食物繊維を粉末や液体にしたもの)入りのサプリなどを飲むと効果的なのはそのせいです。

また、食事の順番も重要で、三角食べはしないで 野菜、タンパク質、炭水化物、糖質 の順番で食べるほうが血糖値を抑えるのに役立ちます。

ちょっとお行儀は悪いですけれどね。ご飯や芋類などの炭水化物は最後に食べるように意識してみましょう。

家族の助けがあると続けられやすい

我が家では母の血糖値上昇を抑えたかったので、まずは娘の私がしっかり、血液とインシュリンの関係や、食べ物のなかの成分が体に働く仕組みを勉強して、必要事項を書き出し実行することで母の血糖値をコントロールすることが出来ました。

うるさく言うと本人も嫌になってしまいますので、普段の食事の中でさりげなく血糖値を下げる食べ物に「置き換え」してみたり、コーヒーを飲む前に健康茶を出してあげたり、薬をのむ時にサプリも出してあげたりの簡単なことです。

家族の助けなしではなかなか食事療法は出来ません。「そばにいる人が血糖の仕組みを把握し、生活を客観的に見てあげる事」ができるだけで、大きく変わるものだと思います。

自宅で細かな食事療法をするのは非常に面倒です。好きなものを我慢しなければならなかったり、大変な思いをします。

まずは食べ物の中に含まれる栄養素などのうち「血糖値を下げるのに向く成分」「血糖値管理に良くない成分」をしっかり把握して気をつけることから始めましょう。

世の中には血糖値を上げる食物ばかりがあふれているんですから。

※当サイトは病気を治す方法ではなく、糖質制限で生活改善をしてみた実体験を元に血糖値を下げる工夫を記載しています。効果や効能を実証するものではございません。自己責任にて、ご覧頂きますようお願い致します。

糖質制限、コントロールは自分だけで頑張れない。

嫌なことは続けられません。人間の三大欲である食欲に反することはストレスが溜まり、いらいらして毎日が楽しくなくなってしまいます。食事制限はダイエットと同じですので、ひとりでは挫折してしまう方も多いですよね。

だから周りの方の助けって、すごく重要だと思います。本人がストレスにならないように気をつけながら、こっそりサポートしてあげたいものです。

血糖値は糖質制限である程度はコントロールできる数値です!

血糖値は普段の食生活に一手間の工夫を加えるだけで手軽にコントロールが可能です。

健康的な食事

厳密な食事制限をしたりお医者さんに通うほどでもないけれど血糖値が高めな方は、特に食べ物の摂り方や種類には気をつけたいものです。

食事制限は毎日のことで家族の協力も必要ですし、我慢続きではストレスが溜まって中々続けることが出来ません。外食でも選択肢が狭まってしまうと仕事付き合いや予算にも影響してきます。

糖質制限、血糖コントロールのポイントは3つ。

  1. バランスの良い食事(糖質控えめ)と運動
  2. 血糖値上昇を抑える食べ物、サプリ、飲み物
  3. インスリンが正常に働きやすくサポートする食べ物やサプリ

ストレス無く血糖値をコントロールしたい方へのお手軽な方法としては健康食品の力を借りるのもひとつの方法です。

例えば、コーヒーや紅茶に甘味料として菊芋パウダーを使用するとか、甘い食物を食べる前には必ず難消化性デキストリン入りのサプリメントを飲む事を習慣づけ血糖値の急上昇を防ぐとか、一手間で血糖値をコントロールしやすくなります。

ストレスを感じない方法で食事に気をつけていくことで、だんだん体質が改善してコントロールが自然に習慣づくようになると思うのです。

食生活にプラスして、漢方やサプリの力を借りてみましょう

食事を大きく制限するのではなく、出来る範囲で気をつける程度にしてサプリメントで食事療法を補う方法があります。お茶やサプリメントを食事療法にプラスして、補助的に使用してみる方法がおすすめです!食事療法の良さが加速され、より実感できることでしょう。

我が家では台所を預かる私が食事や間食を管理しながら、出してあげるお茶やコーヒーに一工夫したことでだいぶ結果が出るようになりました。サプリメントも食事と一緒に出してあげればまるで薬のごとく飲む習慣がつき、本人も忘れないで飲むようになります。ご自分で管理する方もサプリメントケースなどに1日分づつ小分けしたり、お薬カレンダーに入れたりすると忘れにくいですね。

※サプリメントは薬ではありません。

糖質制限にプラスしたい血糖値対策のサプリメント

それでは、我が家で検討した色々な健康茶やサプリメントをご紹介していきますね。ご本人の生活サイクルや好みによって、色々試してみると良いかもしれません。 サプリメントは定期購入が一番安くなってお得な買い方になりますが、購入を約束するというのは負担に感じますね。ただ最近は返金保証があるサプリや合わなければすぐに辞められるサプリばかりですのでまずは合うものに出会うまでのチャレンジです!

血糖値が気になる方にはこんなお茶がおすすめです。

いつものお茶やコーヒー代わりに飲むだけのお手軽な健康茶。自然の素材を使用し、欲しい成分はたっぷりなのに美味しく仕上げてあります。玄米、桑の葉、サラシアなどを使った健康茶がおすすめです。

血糖値を下げたい方におすすめのお茶

⇒伊藤園の緑茶習慣公式サイトはこちら

毎日飲むならやっぱり緑茶がおすすめ!伊藤園の緑茶習慣は国産抹茶を使用したトクホ(特定保健用食品)認定の血糖値対策に最適な緑茶。 スティックタイプでお手軽に飲める緑茶です。食物繊維(難消化性デキストリン)がたっぷりで食後の糖の吸収を穏やかにしてくれます。


⇒アグリのしあわせ減糖茶公式サイトはこちら

アグリの幸せ減糖茶」は我が家の母が愛飲中。減糖茶はゴーヤ、サラシア、桑の葉、バナバ、ドクダミ、ハトムギ、アロエなど、糖質サポート成分たっぷり。 近江土山茶を焙煎ブレンドした香ばしさ。創業112年老舗製茶メーカー「マルヨシ近江茶」開発の健康茶です。

血糖値を下げるには食前用のこんなサプリメントもおすすめです。
11091 ⇒ルックルックイヌリンプラス公式サイトはこちら

ルックルックイヌリンプラスは菊芋・納豆・玉ねぎ・ヨーグルト・サラシア・桑の葉などの「血糖値上昇を穏やかにする」成分を詰め込んだサプリメントです。食物繊維46000mg含有、186粒入り(1ヶ月分)1日あたり128円の血糖対策サプリメント。

サラシアプラス
⇒サラシアプラス公式サイトはこちら

サラシアプラスは、サラシアを300mg配合し、3種のビタミンBと10種の健康素材で作られたサプリメント。
お客様満足度90.4%でコストパフォーマンスも高い血糖値が気になる方へのサプリメントです。


⇒プロステビア 健康ゼリー公式サイトはこちら

プロステビア健康ゼリーは、ステビアのパワーに着目したゼリータイプの健康食品です。 濃縮ステビアの強い抗酸化力とインスリン抵抗性。 そして希少糖D-プシコース、ガラクトオリゴ糖、乳酸菌発酵液などで配合で健康に役立つ相乗パワーを発揮。味も召し上がりやすい味になっています。

白井田七フェルマ
⇒白井田七公式サイトはこちら

白井田七は高麗人参の7倍のサポニンを含有する貴重な「金不換」漢方原料の田七人参を詰め込んだサプリメント。 フラボノイドや必須アミノ酸で血糖値が気になる方を強力にサポートしてくれる和漢サプリです。

食前に飲んで血糖値を抑え糖質制限に最適な「血糖値対策サプリ」もあります。

自然食品の中には、胃の中で食べ物の分解を助けてくれたり、吸収を助けてくれたりするいろいろな役割を持つ成分があります。
そんな自然の力を利用して、食事の前に摂ることで、食べ物の消化吸収の部分でサポートしてくれる「糖吸収時に特化したサプリ」もあります。

糖が気になる方向けの、食前に飲んで血糖の急上昇を防ぐ目的を持つおすすめサプリメントです。
脂肪や糖を抑える【ベジファス】
⇒ベジファス公式サイトはこちら

ベジファスは80種類の植物発酵エキスと難消化性デキストリンが含まれたサプリメントです。 食事前にこの糖の吸収を緩やかにする作用がある成分をサプリで摂ることで血糖値の急激な上昇を防ぎます。

血糖値・糖尿病でお悩みの方に「紅菊芋パウダー」
⇒紅菊芋パウダー公式サイトはこちら

紅菊芋パウダー自然界のインシュリンと呼ばれる紅菊芋を使用したパウダー状の健康食品。ほんのり甘いので甘味料代わりにコーヒーや紅茶に入れたり、卵焼きなどの料理に入れたりして楽しめます。 定期コースだと初回2000円引きで購入できます。我慢してブラックコーヒーを飲まなくても大丈夫!

様々なサプリメントがありますが、食前に飲む消化サポート系のサプリ、食後に飲む吸収サポート系のサプリ、甘みの代わりに使える健康食品などいろいろあります。習慣づけができそうなものを選んでみると良いですね。

伊藤園のトクホ飲料「緑茶習慣」を試してみました

緑茶習慣

緑茶で有名な伊藤園さんの「緑茶習慣」というドリンクをうちの母に試してみました。 緑茶習慣は血糖値を下げるための健康食品として、糖の吸収を穏やかにする作用が認められた消費者庁許可「特定保健用食品」の健康飲料です。

直接、血糖値を下げる医薬品が入っているわけではありませんのであくまでも健康飲料としてお飲みください。

難消化性デキストリンは糖の吸収を穏やかにする作用が認められています。(ここがトクホ:特定保健用食品である理由です)
食事前、または食事中に一緒に飲むと良さそうですね。我が家では食事と一緒に飲むようにしました。

伊藤園「緑茶習慣」とは?

糖の吸収を穏やかにしてくれる効果があるという「難消化性デキストリン」という食物繊維が含まれている緑茶味のドリンクです。粉末のスティックになっており、1回分を200mlのお湯で溶かして飲みます。

緑茶習慣

1杯分が1包のスティック

1杯分が1包のスティックになっていますので、いちいち計量する手間はありません。ご高齢の方でも量を間違えないので安心ですね。

中身はパウダー状

すぐに溶ける、粉砂糖程度の細かい粉末です。コップに入れてお湯を注ぐとすぐに溶け始めます。スプーンでかき混ぜると早く溶け終わります。

緑茶習慣を飲んでみた口コミ

緑茶習慣の香りは?

まず、香りを嗅いでみますと普通の緑茶の爽やかな香りがします。さすが伊藤園さん、緑茶そのままのいい香りです。

緑茶習慣の味は?

味も、普通に市販されているパウダー状の緑茶と全く同じです。伊藤園さんが製造元なので、緑茶としてもすごく美味しいです!

母の反応は?

緑茶習慣お試し購入

いつもの緑茶に替えて黙って出してみましたが、「これは粉のお茶?」と聞いていたので、「そうだよ。血糖値を急激に上げないために良い成分が入っているらしいよ」と答えると、勢い良く飲んでいました。

さらに、それから自分でお茶を淹れるときにはコチラばかりを選んで飲んでいます。多分、急須で淹れるより手間がかからず簡単に淹れられるからだと思いますが、味もお気に入りになったようです。毎日飲まれているので追加注文が必要になりました。(笑)

伊藤園の緑茶習慣、サプリっぽくないので気軽に試せます。定期購入だと更におトクなのでおすすめですよ!

緑茶習慣での効果

急激な変化はないですが、2017年2月~3月の血糖値は80~140で推移しています。

▼ここからなら、お試し購入10%OFF、定期購入で20%OFFで購入できます。

⇒伊藤園の緑茶習慣 公式キャンペーンサイト緑茶習慣

低糖質、糖質制限でも楽しい食事制限をするために

糖質を摂らないほうが良いと言っても、食生活が楽しくなければ人生損した気分になってしまいます。 通販を見てみると色々な糖質制限食品が販売しています。上手に使ってストレスを溜めないようにしましょう!

糖質制限におすすめの糖質オフ食品
【送料無料】 低糖そば風麺 14個セット

【送料無料】 低糖そば風麺 14個セット
価格:7000円(税込、送料無料)(2017/8/26時点)

低糖質唐辛子とんこつラーメン風 6個セット

【初回送料 半額】低糖質唐辛子とんこつラーメン風 6個セット
価格:2980円(税込、送料別)(2017/8/26時点)

血糖値が高めで対策が必要だと言われた方へ

食事療法がつらい方、難しい方。血糖値を下げる事が目標の方、高血糖気味で糖尿病の予防対策をしたい方
もし、悩んでいるならまずははっきりと目標を持って生活を改善しましょう!

血糖値を下げるのに良いと言われている成分は?

血糖値を下げるサポートをする成分には、どんな成分があるのでしょう。

体の中でインシュリンの生成を促進する
膵臓で作られるインシュリンというホルモンは糖の分解に重要な働きを持っています。このインシュリンを生成する助けになる成分です。
■亜鉛、ビタミンB6、ナイアシン、マンガン
膵臓からのインシュリン分泌を促進する
作られたインシュリンを適切に分泌する力を促進します。
■アレクリン、ビタミンD、ロイシン、システイン、タウリン、クロロゲン酸、ルチン、CAFクロマチンアセンブリファクター、チャランチン、サポニン
体へのブドウ糖の吸収を促進する
分解されたブドウ糖を体に役立てる為に吸収する力を助ける成分です。
■ポリフェノール、タンニン、サラシノール、コタラノール、クロム、BCAA、カルコン、CAF、コロソリン酸
炭水化物がブドウ糖へ分解するしくみを阻害
食べた炭水化物がすぐにブドウ糖に分解される酵素の役目を落ち着かせる成分です。
■DNJ、小麦アルブミン、デオキシノジリマイシン、サラシノール、テアフラビン
胃や腸での糖の吸収を阻害
分解されたブドウ糖が体に吸収されるのを緩やかにする成分です。
■難消化性デキストリン、ギムネマ酸、ムチン、エラトサイド、水溶性食物繊維

食事

以上の成分をバランス良く食物で摂るには、カロリーを増やしたくない方にとって至難の業。いくら食事制限を、と言っても自宅で出来ることには限度もあります。また、育ち盛りのお子様や忙しく活動する方と一緒に食事を摂る時に、糖尿を気にする方向けの食事内容では物足りない食事となってしまいます。

血糖値を意識して作られたサプリメントや健康食品を上手に利用して体の働きを助けてあげることで、体質を改善していき健康的に生活することを目指したいものです。

血糖値を下げるために良い成分が含有されている物を詳しく見ていきましょう。

血糖値を下げやすくする成分が特に多く入った食物とその成分です。
ゴーヤ
サポニン、チャランチン(植物性インシュリン)コロソリン酸、モモルデシンなど。とくにチャランチンはインシュリンの分泌促進作用が知られています。
桑の葉
桑の葉に含まれるDNJ(αーグルコシダーゼ)という物質は、消化酵素となります。糖質の吸収を抑え、血糖値の上昇を抑える役目があることがわかっています。
田七人参
中国を原産地とし、高麗人参の7倍のサポニンを含みます。漢方薬では最高部類にはいる貴重品。金不換(お金に変えられないもの)という別名もあります。血糖値を正常に近づけ、中性脂肪や血中コレステロールも低下させ代謝を活発にさせてくれます。血行促進にも。
サラシア
サラシアはトクホ食品でも有名な有効成分。インドやスリランカで自生します。これに含まれるサラシノールやコタラノールという成分は、糖対策として注目されています。ポリフェノールや食物繊維、タンニンも豊富です。
プロポリス
昔から健康食品として名高いプロポリス。インシュリンを作り出す膵臓の細胞の保護、分泌促進、インシュリンの受動態の過酸化を防ぐ抗酸化成分で保護します。
食物繊維(難消化性デキストリン)
脂肪や糖質の吸収を緩やかにし、中性脂肪や急激な血糖値の上昇を抑えてくれます。
キクイモ類(紅菊姫芋など)
天然のインシュリンと呼ばれイヌリンを豊富に含んだ芋類です。ポリフェノール、サポニン、ペクチン、亜鉛、ビタミンB、セレンなど理想的な成分がギュッと詰まっています。

糖尿病は死ぬ病気ではないけど防ぐに越したことはない

糖尿病生活は、普通の生活をガラッと変えなくてはいけなくなる、本人にとっても家族にとっても非常に負担の重い病気です。毎日自分で打たなければいけないインシュリン注射は何十年続けている方でも嫌なもの。できるだけ避けたいものです。

ただ、糖尿病は上手く付き合っていけば比較的長寿を目指せる病気です。すぐに命にかかわるわけでもありません。

インシュリン注射

医者に通い血液や尿を定期的に検査することで、糖尿病患者は他の病気が早期発見できるチャンスも多くなります。また、一回糖尿病になったからと言って必ず一生、インシュリン注射を打ち続けなければいけないわけではありません。体質が改善され血糖値が下がれば飲み薬だけでコントロールできる生活に戻れる場合もあります。 糖尿病患者にとって、血糖値は薬の量を左右する大事な目安となります。

このサイトは糖尿病を「治す」方法をご紹介しているわけではありません。医療に関しては必ずお医者様の指導に従って下さい。また、体質改善が成功したからと言って自己判断で薬を変更することは非常に危険です。

健康的な生活で血糖値が下がり始めたら、お医者様とこまめに相談して薬が減らせるようになると良いですね。

血糖値を下げたい人が摂らない方が良い食物

摂ったほうが良い食物があればもちろん、食べてはいけない・食べないほうが良い食物もあります。

気をつけたい成分としてはまず、血糖値を急激に上げる食物が考えられます。血糖値が急激に上がると、インシュリンの分泌量が足りなくなることで血糖値が上がるのですから、一番摂取してはいけないのはもちろん糖分です。

ですが人間の体には必要量の糖分がないと活動が出来なくなります。

その点、炭水化物(分解されて糖分になる)は気をつけていても摂ってしまうので、糖分が不足することは極端な食事制限をしていない限り気にすることはないと思います。

では、血糖値を下げたい方が避けるべき食物にはどんな注意点があるのでしょうか?

炭水化物はなるべく、精製品の真っ白ではないものを。
糖分になる炭水化物は、精製されているほど早く糖分に分解されます。ですので、玄米いりや雑穀米、また砂糖はきび砂糖や三温糖などがおすすめです。「真っ白でないもの」と覚えていれば簡単ですね。
清涼飲料は避けましょう
果汁入り炭酸飲料、コーラなどにはブドウ糖果糖が添加されています。このブドウ糖果糖はすばやく吸収され、血糖値を上昇させます。(逆に低血糖のときには吸収の早い糖分として代用できます)
甘い根菜・豆類
さつまいも、里芋、芋由来のデンプンなども糖分に変わりやすいので避けたほうが良いですね。豆類、かぼちゃ、とうもろこし、レンコンやクワイなども摂りすぎないようにしたいものです。
果物
いちご、りんご、ぶどう、みかんなど、果実には果糖が多く含まれています。上記と同じ理由で避けるべき食品です。
甘い調味料
甘い調味料とは、ケチャップ、ソース、めんつゆ、焼肉のタレなどを含みます。また、カレーやシチューなどのルーにも炭水化物や糖分が多く含まれています。
お酒
カクテルやビール、清酒、ワイン、梅酒なども気をつけたいです。飲むならカロリーと糖質がゼロのものを選びましょう。
お菓子、せんべい
こちらも炭水化物と油分の宝庫です。コントロールをしたいならスイーツは諦めましょう。
合併症を防ぐために

糖尿病になると、合併症として腎臓病や肝機能障害を発症する方も多いので、気をつけるに越したことはないです。腎臓が悪い場合にはトマトなどカリウムを多く含む野菜も気をつけたいですね。


血糖値を下げるために行う生活改善方法シミュレーション

血糖値を下げる食事例

朝食
玄米粥、しめじの減塩味噌汁、鶏肉のレモンとハーブ炒め、納豆と大根おろし
昼食
白米、小松菜とエビの中華炒め、わかめスープ、もずく酢
夕食
五穀米、白身さかなのフライに減塩マヨタルタルソース、キャベツと人参の千切り、えのきバター

血糖値を下げる一日の生活例(パート・在宅の方の例)

起床
6:30
朝食
7:00~7:30
家の周りを散歩
9:00~9:30
家事
10:00~11:00
昼食
12:00~12:30
家事・育児・仕事
13:00~17:00
夕食
18:00~18:30
お風呂
20:00~20:30
趣味、ストレッチ
20:30~22:00
就寝
22:00

他に血糖値を下げる方法はないの?

適度な運動

適度な運動を習慣づける

その方の体調にもよりますが、血糖値が気になるなら適度な運動を習慣化することです。

ただし、血糖値が高めな方が食後直ぐに運動をすると、体への負担が大きくなるので食間(食後60分以上経ってからが望ましいと思います)に、汗をかかない程度の軽い運動を習慣づけると良いでしょう。

推奨する運動方法
ウォーキング、エアロバイク、ルームランナー、水中歩行、ラジオ体操など。
規則正しい生活

食事の時間や睡眠の時間が不規則になると、体もホルモン分泌のリズムが崩れたりします。血糖値が高くなりすぎるのは、食事をしたのにインシュリンが適度に分泌されないことが原因ですので、快適で規則正しい生活が送れるように気をつけたいですね。

生活で気をつけること
食事の時間を決める。就寝と起床時間を決める。毎日適度な運動をする。ストレスを溜めない。間食はルールを作る。

血糖値を下げる方法のまとめ

血糖値を下げるにはやはり生活習慣を規則正しくすることが大事です。また、誘惑に負けない意識づくり、そして成人病の一番の原因である乱れた食生活を正すことが一番です。

長年の生活習慣を変えることはなかなか難しいですが、重い糖尿病になってしまったらそれどころではない制限をされた生活を送ることになってしまいます。普段から、健康には気をつけて、食べ物一つでも成分を意識して過ごしたいものですね。

糖尿病の合併症の怖さとは

糖尿病の合併症について

糖尿病それ自体は、怖い病気ではないのは御存知の通り。

糖尿病は、飲食で体内に取り込んだ糖分を、グリコーゲンや脂肪などの各種貯蔵物質に転換するためにキャッチして運んでくれるはずのインスリン(インシュリン、insulin)というホルモンが何らかの理由で不足、または分泌されないことで発症します。

ですので、ホルモン分泌を促進したり、インシュリンそのものを注射することで、まったく普通の生活が送れます。 しっかり血糖値を下げる努力をせず、高血糖を放っておくことで、合併症が出てくるのです。

糖尿病の初期症状は

意味もなく痩せてきます。

これは、摂取したはずの糖分をインシュリンがキャッチしてくれないために、体に使えなくなり尿として排出されてしまうからです。尿検査で糖尿病を管理するのはこのためですね。

疲れやすくなる 思考が鈍くなる 眠くなる お腹が空く 喉が渇く も、体が糖分を吸収してくれないことに由来します。

糖尿病の合併症は
腎臓が悪くなる

腎臓は、栄養分が血液で運ばれた最終地点として、不要なものをろ過して、尿にして排出してくれる臓器です。 つまり、ろ過するときに、血糖値の高いドロドロのの血液であることが大きな負担となり、濾過機能が低下してしまうのです。 腎不全、最終的には人工透析が必要になることも多いようです。

うちの母は、腎臓機能の低下を指摘されていました。

高血圧になる

血がドロドロということは、コレステロールも溜まりやすくなり、血管のかべに汚れがつき狭くなることで高血圧を引き起こします。

手足の壊疽が起こる

血流がうまく行かず、どんどん神経を傷つけていき、酸素の届かない末端神経が麻痺してしまいます。それによりケガをしても気づかず、細菌が繁殖して皮膚が腐る(壊疽)という・・恐ろしい合併症です。これにより手足の切断をする糖尿病患者も、多いとか。

糖尿病で気をつけたいこと

低血糖で昏睡状態になり命を落とすリスク

低血糖とは?

治療を開始した患者さんにとってインスリン注射や飲み薬は高血糖を防いでくれ合併症を防ぎ命を守る大事なアイテム。

けれど、きちんと管理しないと生命に関わります。

薬が効いているのに、食事を抜いてしまったり必要な栄養素を摂っていないと、体や脳にブドウ糖が行き届かなくなりいろいろな症状が現れてきます。

血糖値が70を下回ると危険です。気分が悪くなる・頭痛がする・動きにくくなるなどの低血糖症状が出てきます。血糖値50を下回ると昏睡状態になり、そのまま放置されると死に至ります。

気分が悪くなったら血糖値を測る癖をつけて下さい。

⇒低血糖で母が運ばれた時の状況

血糖値が下がった糖尿病患者が気をつけたいこと

低血糖の症状

一番怖いのは、低血糖で周りの人が気づかずに上手な対応ができないことです。血糖値が下がり過ぎると、まずだるくなり、もうろうとしてきます。その後、ろれつが回らなくなり、ぼけーっとした表情になってきます。
うちの母は、こうなったときには血糖値が40台でした。すぐにブドウ糖を口に3粒入れ、意識が戻ってからも追加し、1時間で70台まで復活しました。

血糖値の正常値

  • 空腹時血糖…70~109mg/dl
  • 食後2時間血糖…140mg/dl未満

低血糖とは、70未満のことを言いますが、何度も低血糖を起こしていると、しきい値が低くなってきて、症状が現れないことがあります。「私は糖尿病です。」などのカードや、手帳などを持ち歩くようにしたほうが良いようです。

母が普段飲んでいる健康茶とサプリもご紹介

母は、食事のときには緑茶習慣、そして紅茶やコーヒー代わりにはこちらを飲んでいます。美味しいです!

ハイサラシアティーはサラシアに含まれるサラシノールで特許を取得。完全無農薬のインド産サラシアを使用し国内工場で製造。サラシアは山口大学院医学部で研究されています。スティックで手軽に飲める香ばしいほうじ茶味です。

血糖対策の健康茶
⇒ハイサラシア茶公式サイトはこちら

癖もなく香ばしいほうじ茶の味に似ていて、すっきりしていますよ。美味しいので、おすすめです!


⇒伊藤園の緑茶習慣公式サイトはこちら

たとえ血糖値を一時的に下げることができても、根本的に体質が変化するわけではありません。糖尿病改善で必要なことは、原因を正しく把握し、体にやさしい方法で改善していくことです。

糖質制限におすすめの糖質オフ食品
【送料無料】 低糖そば風麺 14個セット

【送料無料】 低糖そば風麺 14個セット
価格:7000円(税込、送料無料)(2017/8/26時点)

低糖質唐辛子とんこつラーメン風 6個セット

【初回送料 半額】低糖質唐辛子とんこつラーメン風 6個セット
価格:2980円(税込、送料別)(2017/8/26時点)

このページの先頭へ